【剣盾シーズン2シングル最終29位】ダイマミミノラゴン

【はじめに】

剣盾シーズン2お疲れ様でした

今回はシーズン2で最終29位の結果を残せたので記事にまとめます

荒削りなところもありますが強力でかつ面白い構築になっていると思います

 

【構築】

f:id:korona_poke:20200201145442j:image

f:id:korona_poke:20200202124039j:image

 

【構築コンセプト】

初手ダイマックス+ミミッキュ+ウオノラゴンで全てを破壊する

 

【簡易解説】

この構築は初手に出すダイマックスエース4匹+ミミッキュ+ウオノラゴンという非常にシンプルかつ豪快な構成になっており、大体の構築はこの3体で押し切ることが可能である

初手のダイマエースが4体もいるのは軸のミミノラゴンが最強すぎてこれ以外の軸は必要ないと判断したため

上位で結果を残した構築の中にはtodによって勝利を目指すようなものも多いが、この構築はそんな勝ち筋を1ミリも追っておらず、殆んどの試合は5分で相手を蹴散らして終わる

残り3分の文字さえも1度しか見なかった

 

【個体紹介】

1.ウオノラゴン

f:id:korona_poke:20200201074258p:image

性格:意地っ張り

特性:頑丈顎

持ち物:拘り鉢巻き

技構成:エラがみ 逆鱗 ロクブラ 寝言

努力値:h252 a252 s4

h→陽気ドラパルトのドラゴンアロー確定耐え、陽気珠ミミッキュのじゃれつく確定耐え

a→hb特化のアーマーガアやブラッキーに対してエラがみの乱数をずらしたくないためぶっぱ

s→52振りアーマーガア抜き抜き

 

破壊神。キモい。

こいつの火力(と見た目)はポケモンじゃない

エラがみは先行で動けば非ダイマのギャラ、ドラパルトを半減だろうが消しとばし、アーマーガア、ブラッキーカビゴンをhb特化してようが一撃で粉砕し、大体の低耐久アタッカーをたとえダイマックスされようが噛み殺す

火力だけでなく耐久も目を見張るものがあり、ミミッキュのじゃれつく程度の攻撃なら耐えることができる(どこかで聞いたところによるとメガガルーラくらいの硬さらしい)

選出率99%

 

2.ミミッキュ

f:id:korona_poke:20200201145651p:image

性格:意地っ張り

特性:化けの皮

持ち物:カシブの実(ゴースト技半減)

技構成:シャドクロ 影うち トリル 呪い

努力値:h228 a108 b164 d4 s4

hb→砂ダメ+陽気ギャラドスのダイジェット確定耐え(珠は無理)、カシブ発動後意地ドラパルトのダイホロウ確定耐え

hd→ステロ+臆病キッスのダイジェット確定耐え(珠は無理)

 

最強の切り返し要員

初手のダイマエースの猛攻で疲弊した相手に対して皮を盾にトリルを貼ることで反撃の隙を与えることなく裏のウオノラゴンを通すことができ、その動きが非常に強力

カシブはマジで最強アイテムで見えない勝ち筋を無限に生み出してくれた

じゃれつくではなくシャドークローを採用している理由は相手のミミッキュに対して撃ちたい、じゃれつくを撃ちたい相手がいない、通りがいい、命中安定などといった理由から

選出率99%(100%だった気もするけど自信がない)

 

3.ドラパルト

f:id:korona_poke:20200201193438j:image

性格:意地っ張り

特性:クリアボディ

持ち物:弱点保険

技構成:ドラゴンアロー ゴーストダイブ 空を飛ぶ 鋼の翼

努力値:h236 a196 b44 d4 s28

 

ダイマエースその1

調整はシーズン1の4位であるふゆのさんの弱点保険ドラパルトの丸パクリ

無難に強く困ったらとりあえず初手に投げておけば相手の盤面を荒らすことができる

最終日の深夜2時くらいまで鋼の翼の枠は大文字で使用していたがドラパルトのダイドラグーンを耐えるようなヒヒダルマが鬱陶しかった、相手を1匹倒した後ミミッキュの影打ちで縛られにくくなる、大文字を撃つ場面が少なかったといった理由から鋼の翼に変更した

どちらの方が強いかは多分環境次第

ダイマックス率1位

 

4.トゲキッス

f:id:korona_poke:20200201194438p:image

性格:控えめ

特性:天の恵み

持ち物:命の球

技構成:エアスラ マジシャ 放射 草結び

努力値:h68 b4 c252 d4 s180

c→ダイフェアリーで上の調整のダイマックスドラパルトを乱数81.2%で倒せる
s→準速パルシェン抜き

hbd→余り

 

ダイマエースその2

広い技範囲、高い耐久、高い火力、ダイジェットを撃てる、一方的に運を押し付けられるといった理由から非常に対面性能が高い

最後の方はメタがキツくなっていたように感じたがそれでもこいつ1匹で壊滅する構築は多くとても強かった

ダイマックス率4位(4位とはいえそこそこ選出したし活躍もしてくれた)

 

5.カバルドン

f:id:korona_poke:20200201194855p:image

性格:勇敢

特性:砂起こし

持ち物:達人の帯

技構成:地震 氷の牙 炎の牙 雷の牙

努力値:h252 a180 d76

a→ダイアイスで無振りサザンドラ確定1発

hd→控えめc特化ギルガルドシャドーボールを92.6%で2耐え

s→最遅ギルガルド抜かれ

 

ダイマエースその3

イージーウィン製造機

欠伸ステロでトゲキッスのサポートをするタイプにも見えなくはないというのがあったのかそもそも通常の欠伸カバが強すぎて警戒する余裕がなかったのかわからないがなかなか読まれず確実に最初から1匹以上もっていってくれた

ダイマックスが切れた後にもその広い技範囲と遅めの素早さからトリルエースたりえるのも強かった

ただ強いと同時に読まれると処理されやすいポケモンでもあるため再戦の時は出来るだけ出さないようにしていた

ダイマックス率2位(サザンガルドギャラみたいなのが流行っていたおかげでアホみたいに選出できた)

 

6.ラプラス

f:id:korona_poke:20200201195613j:image

性格:控えめ

特性:潤いボディ

持ち物:突撃チョッキ

技構成:ドロポン フリドラ 雷 絶対零度

努力値:h140 b68 c212 d36 s52

hb→ダイマックス時にギャラドスの非球ダイソウゲン2耐え

s→大体のニンフィアブラッキー抜き

 

ダイマエースその4

高い耐久、優秀なタイプ、状態異常への耐性からダイマックス時の性能が非常に高く、絶対零度の存在もあり刺さっている構築に対しては無類の強さを発揮した

相手のトゲキッストリトドンといった構築的に重たいポケモンに強い、雨でウオノラゴンの火力を底上げできるといった点も構築にマッチしていて強かった

たまにいる流石にウオノラゴン刺さってなさすぎて出せないみたいな構築にはこいつが刺さっていることが多いのでそういう相手に対して非ダイマックスでピン選出できる点も強かった

火力はダイスト以外低め

ダイサンダーをダイマ状態で耐えてきたギャラドスしかいなかったため耐久振り多かったなって思いながらシーズン終了後調べたら無振りでも確定耐えらしくて少し悲しくなった

ダイマックス率3位

 

【結果】

最終29位(最終日最高22位)

f:id:korona_poke:20200201203940j:image

f:id:korona_poke:20200201204015j:image

 

【構築使用経緯】

この構築は自分の構築というわけではなく、原案はじゃすぽけくんの構築でそれを2人で魔改造したものです

今季最終日3日前にサブロムをあげれるところまで上げようと思ったので試合時間が短くかつ強い構築を探していたところ、じゃすぽけくんの構築が目に止まったので貸してもらうことにしました

はじめはある程度までこの構築を使ってあげるだけのつもりだったのですが80%を超える勝率で爆速で2桁(1日かからずにスーパーボールの9ランクからマスボ70位近く)まで到達でき、そのシンプルで豪快な強さに惚れたため最後まで貸してもらうことにしました

じゃすぽけくんには本当に感謝しかないです

彼も最高64位、最終151という好成績を残しているのでリンクを貼っておきます

https://t.co/G6DraYJQu9?amp=1

 

【最後に】

シーズン2お疲れ様でした

当たった人は対戦ありがとうございました

今季はとりあえず目標にしていた最終30位以内が達成できたので満足いくシーズンになりました

来シーズンからもまたよろしくお願いします

 

質問等があれば自分のツイッター(@korona_poke)のDMか記事のコメントもしくは構築製作者のじゃすぽけくん(@Juspoke0817)のツイッターで聞いてください